GoogleMapのライセンスは無料で取得出来る

普段ルートを確認したり所要時間を確認するためなどに便利なウェブサイトに掲載されている地図は自分の会社の公式ウェブサイトに掲載して道案内に利用することも出来ます。

とは言っても、ただ単純に地図を掲載するよりGoogleMapsFlatformを利用すれば、もっと便利な形で地図を掲載することが可能です。

GoogleMapのライセンスの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

GoogleMapsFlatformは最適化されているAPI集合体とモバイル、ウェブ、ウェブサービスなどで構成されています。



例えば、ホームページの中には地図を掲載することが可能なJavaScriptAPIや高解像度で地図画像を表示する機能、高解像度でストリートビューを表示する機能など需要に合致するものを選んだり組み合せたりして利用することが可能です。

とは言ってもGoogleMapsFlatformを利用する場合はGoogleのPIキーを取得する必要があります。APIキーやアカウントの取得するためのライセンスについては、無償ライセンスとなっているので、ウェブサイトの地図の機能を強化したいのであればライセンスの取得を先行して行っておくのが良い方法です。

GoogleMapsFlatformの詳細は情報ウェブサイトや公式ウェブサイトを利用することによってサンプルコードやチュートリアルを手に入れることが出来ます。

初心者の方は、ウェブサイトやモバイル、ウェブサービスの中で利用することが可能な機能をしっておくことから始めるのが良い方法です。