仕事に活かせるトリミングは専門学校で

  • 高校で不登校になった時の対応について

    • 子供が高校で不登校になってしまった場合、周囲の人々、特に家族は本人を再度学校に通えるようにする方向で解決を試みようとしがちです。しかしながら、不登校の問題を複雑にしてしまうのは「不登校は良くないこと」と「どうにかして学校に通えるようにする」という考え方そのものにあります。
      まず、学校に通わないことが本当に良くないことなのかというと、一概にそうとは言えません。

      もちろん、学校に行かず何もせずに毎日を過ごすという状況が長く続くのは好ましくありませんが、学校に行かないことが悪だと周囲が決めつけてしまうと、本人にとっても学校に行けない自分に劣等感を抱いてしまいがちになり、先の人生にもあまりいい影響があるとは言い難いです。また、高校は幸い義務教育ではありませんので、退学を含めて検討することも可能です。

      高校で不登校について知るならこのサイトです。

      確かに今の時代は多くの子どもが高校を卒業することが当たり前のような状況になっていますが、必ず卒業しなければいけないわけではありません。



      高校をやめて仕事をすることや、高校を卒業しなくても自分で勉強して大学に進むという道もあります。子どもが不登校になった場合、再度学校に通えるような状態に戻ることは望ましい解決方法のひとつではありますが、多くの場合、不登校の子どもが学校に戻ってそのまま通えるようになるというのは、そう多くないのが現実です。


      周囲の大人は視野を広く持ち、子どもに様々な可能性を示してあげることを心がけることが大切です。



top