美容皮膚科がもっと楽しくなります

私はニキビが非常に出来やすい肌で、十年ほど前は特にニキビがひどく、悩んでいました。
おでこから首にかけて、赤くて腫れたニキビが顔中にできてしまい、外出するのもとても嫌でした。


外出する際は帽子を深くかぶり、顔を隠すようにして外出していました。

今では、ニキビができてもそんなにひどくなる事はありません。そこで、私が試した美容方法をいくつかご紹介したいと思います。

一つ目は、フォットフェイシャルです。フォットフェイシャルとは、光を照射してさまざまな肌トラブルを改善する美容方法です。


レーザーとは異なり、刺激の少ない光によって肌トラブルを改善するので、肌への負担がほとんどありません。私はニキビを悪化させる原因であるアクネ菌を殺菌する光を、照射してもらいました。
照射時間はわずか15分ほどなので、とても楽です。二つ目は、ケミカルピーリングです。


ケミカルピーリングとは、酸など皮膚に刺激のある液体を使って、角質や表皮、真皮まで溶かし、新しい皮膚の再生を促す事によって、より美しい皮膚を作りだす美容方法です。様々な液体が使われますが、代表的なものはAHAと呼ばれるアルファヒドロキシ酸というものが使用されます。

皮膚への刺激が強いといっても、かなり薄めた液体を使用するので、心配はありません。
術後に適切な処置をしてくれるのでトラブルもありませんが、念のため皮膚科で処置してもらうことをお勧めします。

三つ目は、漢方薬です。

私は皮膚科でニキビに効果のある漢方薬を、処方してもらいました。
これが一番効果がありました。

効果が表れるには1週間ほど時間がかかりますが、確実に肌が綺麗になりました。あんなにニキビに悩んでいたのに、徐々にですがニキビが治って、新しいニキビもできなくなりました。
漢方薬を服用するのに、一番大切な事は自分に合った漢方薬を飲む事です。

http://clinic.e-kuchikomi.info/bihadaの情報を公開中です。

自分に合わない漢方薬を飲んでも、全く効果がありません。


医師にどういった身体の不調があるかを詳しく説明し、漢方薬を処方してもらう事が大切です。

身体の不調を治す事によって、様々な肌トラブルが改善するという美容効果があるのです。

このように美容に関する方法はいくつかあります。

自分に合った美容方法が何かを考えて、検討する事をお勧めします。